診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

マウスピース矯正

目立たない・外せる装置で
矯正治療を

整った歯並びや正しい咬み合わせになることで、見た目の美しさだけでなく歯の機能性をも向上させられます。綺麗な歯列は、歯が磨きやすくなるため、ガタガタの歯列と比べると虫歯や口臭などの口内トラブルの予防にもなります。

子供がやるものというイメージがある矯正治療ですが、大人でも行えますので、歯並びや咬み合わせが気になる方は当院へご相談ください。

マウスピース矯正の流れ

目立たない透明なマウスピースを使った矯正を行っております。当院における、歯並びを整えるマウスピース矯正の流れをご紹介します。

カウンセリングをしてる女性歯科医師

カウンセリング

カウンセリングをしてる女性歯科医師

個室のカウンセリングルームにて、患者様の歯並びに関するお悩みやご希望をお伺いいたします。大まかなマウスピース矯正の流れなどの矯正歯科に関するご説明と、患者様の疑問にお答えいたします。

歯科用CT

精密検査

歯科用CT

口腔内の診察、レントゲン撮影などを行い、治療計画を立てるのに必要な資料を集めます。矯正装置を作製するための歯型取りも併せて行います。

歯の模型を手に持って患者様に説明してる女性歯科医師

治療計画の説明

歯の模型を手に持って患者様に説明してる女性歯科医師

精密検査の結果を見て、具体的な矯正治療の計画を立てます。治療方法や矯正スケジュール、費用などをご説明いたします。どんな小さなことでも、不安や疑問点がありましたら遠慮なくお申し付けください。患者様が納得できるまでご説明いたします。

矯正用マウスピースを手に持ってる女性

矯正治療の開始

矯正用マウスピースを手に持ってる女性

治療計画に基づいた矯正装置(マウスピース)を作製し、治療を開始いたします。患者様ご自身が、2週間ごとに矯正装置を交換します。

矯正のメンテナンス治療をしてる女性歯科医師

矯正の経過チェック

矯正のメンテナンス治療をしてる女性歯科医師

月に1回、矯正治療の経過をチェックし、矯正が終了するまで観察します。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正におけるメリットをご紹介します。透明である為に目立たないということ以外にも、いくつかのメリットがあります。

マウスピースと歯ブラシ

透明で目立ちにくい

金属のブラケットとは違い、当院が採用しておりますマウスピースは透明で薄く、装着していても他の方から気付かれにくいです。そのため、見た目の印象も大切な営業やサービス業の方や、目立つ装置を付けたくないという方にも、治療を受けていただいています。

歯磨きをしてる女性

口内ケアしやすい

一般的なブラケットは、矯正治療開始と同時に歯と固定され、治療が終わるまでは取り外せません。そのため、歯磨きがしにくく、虫歯や歯周病が発生しやすくなってしまいます。

しかし、マウスピース矯正は患者様ご自身で取り外せるので、矯正治療を始める前と同様に歯を磨けます。もちろん、いつでも自由に着脱できるため、マウスピース自体のお手入れも簡単です。

マウスピースを持ってる男性歯科医師

金属を使わない

マウスピース矯正は、一般的な矯正装置とは違って金属製のブラケットやワイヤーを使わないので、金属アレルギーを持っている方でもアレルギー反応を気にせず利用できます。また、ワイヤーなどが口内を傷付ける心配もありません。

白い歯が見えてる笑顔の女性

痛みが少ない

金属のワイヤーで力をかけて矯正治療を行わず、小さな力で徐々に歯を動かすので痛みの少ない治療が可能です。もちろん、装着してすぐは違和感を覚える方もいますが、それも数日で気にならなくなります。

マウスピース矯正のデメリット

メリットの多いマウスピース矯正にも、デメリットがあります。どのような短所があるのかを把握したうえで、自分の希望にはどのような矯正治療があっているかを検討することが大切でしょう。

本を本出る女性と時計

長時間の装着

1日20時間以上と、毎日長時間装着していただかないと、治療計画通りに歯が動きません。取り外しは自由ですが、きちんと毎日装着しないと満足いく治療効果が得られなかったり、治療計画に遅れが生じたりしますので、患者様の意志に頼る部分が大きいです。

矯正治療をしてる男性歯科医師

治療できる症例が限られている

歯列不正が大きいと、マウスピースのみの矯正治療が出来ません。抜歯やワイヤー矯正を併用した治療が必要になることがあります。また、骨格自体に歪みがある為に起こる不正咬合の場合も、症状の改善は見込めません。

 診療科目