診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

オールセラミック

オールセラミッククラウンで
白く美しい口元に

虫歯になりやすい部分というと、咬み合わせの面、歯と歯の隙間などをイメージする方が多いでしょう。実は意外なことに、上の前歯の外側……つまり外からよく見える歯も虫歯になりやすいのです。審美性を気にする方にとって、前歯の治療で銀歯や天然歯から浮いた色の詰め物をされるのは苦痛でしょう。
オールセラミッククラウンは細かく色を指定できるため、周囲の天然歯から浮きにくく、透明感のある白を再現できます。

セラミッククラウンを手にしてる女性歯科医師

オールセラミックとは

オールセラミッククラウンとは、セラミックで作ったクラウン(被せ物)のことを指し、金属を一切使わないので天然歯のような透明感が特徴です。インプラントの上部構造や差し歯に利用されることもありますが、出っ歯やすきっ歯などの治療にも使われます。気になる銀歯をオールセラミッククラウンに変えるだけで、目立たなくなります。

外側がセラミックであっても、内側に金属が使われているクラウンでは、金属が透けることで歯に黒っぽい影ができたり、歯肉が変色して見えたりします。その点、全てがセラミックで作られているオールセラミッククラウンは、天然歯と変わらない見た目をしています。

1日でセラミックの歯を
入れられます

歯科診療台

当院が導入しておりますセラミック修復システムを利用すれば、ご予約の調整次第で、オールセラミッククラウンを、歯を削ったその日に装着することも可能です。作成したクラウンの仕上げや咬合調整も、作成したその日のうちに行います。

コンピューターに接続されたカメラで患部や口腔内を撮影するだけで、コンピューター上で3D画面上でクラウンや差し歯などの修復物を設計し、それを元に自動でセラミックを加工します。歯科技工所に依頼せずに済むため、治療時間を短縮できることがあります。もちろん、症例によっては歯型を取らなくてはいけない場合もあります。

オールセラミックのメリット

内側に金属を使ったクラウンを比較した際に挙げられる、オールセラミッククラウンのメリットについてご紹介します。

セラミック義歯を入れた歯の模型

天然歯のような見た目

セラミックは、残っている天然歯に合わせて細かく色を変えられるので、自然な色合いにできます。透明感があり、白すぎて浮くことがありません。また、金属を使っていませんので、銀歯のように目立ったり、セラミックを通して金属が黒っぽく見えたりすることもありません。

セラミック義歯

金属アレルギーの心配がない

オールセラミッククラウンは特殊な陶器で作られており、金属を使っていません。そのため、金属アレルギーをお持ちの方でも、アレルギー反応の心配をせずに使えます。もちろん陶器とはいえ、セラミックにはレジンよりも強度があり、耐摩耗性や耐熱性もある素材です。

義歯の表面

プラークが付着しにくい

ツルツルとした表面になっているので、プラーク(歯垢)が付着しにくいというメリットがあります。口内の細菌は、歯の表面についた傷や、歯石のザラザラとした表面に付着することで繁殖し、虫歯や歯周病を発症させます。

セラミックは強度があるので、普通に食事したり歯磨きしたりしている分には、数年経っても傷がつくことはほとんどありません。そのため、プラークが付着しにくく、口腔トラブルの原因菌も増殖しにくいメリットがあります。

義歯の色見本

金属の露出や歯肉の変色がない

金属を使ったクラウンを使うことで、歯肉退縮(歯肉が下がること)によって金属が露出してしまったり、金属がイオン化して溶けだすこと等により歯肉にメタルタトゥー(金属による黒ずみ)が起こったりすることがあります。オールセラミッククラウンは金属を使っていないため、金属が原因の審美的な問題が起こる心配がありません。

オールセラミックのデメリット

オールセラミッククラウンにはメリットばかりで、デメリットが無いようにも思えますが、オールセラミックにも短所はあります。

健康保険証

治療費が高額

オールセラミッククラウンは、審美性を高めるための治療として行われることが多く、保険が適用されません。そのため、銀歯やレジンを利用した治療よりも高額な費用になります。

割れた義歯のイラスト

割れることもある

セラミックは硬度、剛性もレジンよりもありますが、陶器であるため脆く、強い力に対する抵抗力や粘り強さに欠ける種類もあります。そのため、大きな力がかかると割れてしまうことがあります。また、セラミックは天然歯よりも硬いため、周囲の天然歯を傷付けてしまうことがあります。

 診療科目