診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

一般診療

虫歯や歯周病は
進行性の病気です。
早めの治療が歯を守ります。

一般診療には、主に虫歯・歯周病の治療、親知らずの抜歯、義歯の製作・調整などがあり、保険が適用となるほとんどの治療が含まれます。

虫歯も歯周病も進行性の病気なので、放っておくと進行し、歯を失う場合もあります。治療を後回しにしてしまう方も少なくありませんが、治療が遅くなれば遅くなるほど、進行させる可能性が高くなります。負担のかかる治療が必要になる場合もあります。

何らかの症状や異変に気付いたら、進行させないよう、早めに受診いただきたいと願っています。それにより、将来に残せる歯の数が違ってくる場合もあるのです。

  • 虫歯治療をする院長
  • 虫歯治療

    虫歯があっても、痛くなるまで受診しない方が多いです。初期の虫歯は痛みがないため、受診を後回しにして進行させてしまうこともあります。

    虫歯は自然に治ることはないため、ご自身で判断せず、虫歯の発生や歯の異変に気付いたら、早めに歯科を受診することが大切です。

  • 虫歯治療をする院長

むし歯の進行(※治療が必要なう蝕)

  • むし歯の進行C1、歯に穴が開いたイラスト

    C1

    • 歯の表面のエナメル質に穴が開いた状態
    • ほとんど痛みはありません
  • むし歯の進行C2、象牙質に虫歯が達したイラスト

    C2

    • 象牙質に虫歯が達した状態
    • 歯がしみるなどの症状が出るようになります
  • むし歯の進行C3、虫歯が歯髄(神経)にまで達したイラスト

    C3

    • 虫歯が歯髄(神経)にまで達した状態
    • 強い痛みが生じるようになります
  • むし歯の進行C4、歯髄がなくなったイラスト

    C4

    • 歯髄が死んでしまうため痛みを感じなくなります
    • 抜歯が必要になる場合もあります
  • 診療用ユニット
  • 痛みに配慮した虫歯治療を
    行っています

    過去の治療経験が原因で、「痛いのではないか」「麻酔注射が苦手」と、心配されている方が多いです。しかし、近年は歯科医療が進歩して、痛みを軽減した治療が可能になっています。

    当院では、表面麻酔による麻酔注射の痛み軽減、虫歯治療へのレーザーの活用などの痛みを軽減するための取り組みを行っています。また、丁寧に治療説明を行うことによって、患者様の不安軽減にも努めています。

3mix法の解説イラスト

できるだけ削らない虫歯治療のために

進行した虫歯は、削って詰め物や被せ物をする必要がありますが、当院では極力削る量を減らすために「3mix法」を導入しています。
3mix法は、抗生物質や抗菌剤などの3種類の薬剤を使って、虫歯菌を除去して歯の修復を図る方法です。削る歯の量が抑えられ、治療による痛みも軽減できるというメリットがあります。

※3mix法は保険が適用にならない自由診療です。カウンセリング時に費用についてもご説明します。

3mix法の解説イラスト
  • 患者に治療の説明をしている院長
  • 歯周病治療

    歯周病は、生活習慣病の一つとも言われる病気です。歯を失う原因になるだけでなく、さまざまな全身疾患とも深く関係している恐ろしい病気です。

    虫歯と同様、歯周病も自覚できる初期症状がないため、進行させやすい特徴があります。病気について知り、初期症状に気付くことが大切です。

このような症状はありませんか?

  • アイコン:歯茎の腫れ歯茎が腫れやすい
  • アイコン:歯茎から出血歯磨きすると
    出血する
  • アイコン:口の中朝起きた時に
    口の中がネバつく
  • アイコン:口臭イメージ口臭を指摘された

当てはまるものがあるならば、歯周病のサインかもしれません。
「痛くないから大丈夫」と放置せず、症状が続く場合には、早めの受診が進行を防ぎます。

年齢が高くなるほど注意が必要

歯周病は、年齢が高くなるほどリスクが高くなります。歯周病の直接的な原因は、プラークの中の細菌ですが、ストレスや喫煙といった生活習慣、糖尿病などの病気も発症に関係しています。

歯周病の進行

  • イラスト:歯肉が腫れている歯茎の断面図

    歯肉の腫れ

    • 歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に蓄積したプラーク(細菌)によって炎症が起き、歯肉が腫れます。
  • イラスト:歯茎が腫れている歯の断面図

    軽度

    • 歯茎が赤く腫れます
    • 歯周ポケットの深さ:3~5mmほど
  • イラスト:歯周ポケットの深さが4~7mmの断面図

    中度

    • 炎症範囲が広がり、歯周ポケットはさらに深くなります
    • 歯周ポケットの深さ:4~7mmほど
  • イラスト:グラグラになった歯槽骨の断面図

    重度

    • 歯槽骨が大きく溶かされ、歯がグラグラになります
    • 歯周ポケットの深さ:6mm以上
  • 歯周病による全身への影響

    歯周病の悪影響は全身に及び、さまざまな病気やトラブルの発生リスクを高めることがわかっています。特に、歯周病と糖尿病は関連が深く、糖尿病の第6の合併症と呼ばれるほどです。

  • 歯周病の悪影響

長期的な健康をサポートします

歯周病は進行しやすく、再発しやすい病気です。そのため、症状が改善した後は、メンテナンスによって再発を防ぐ必要があります。
当院は、歯周病の症状改善はもちろん、専門性の高い技術・知識を習得した衛生士のメンテナンスにより、長期的な健康維持をサポートしていきます。

歯科医療器具洗浄・滅菌

 診療科目