診療時間:平日 9:40〜13:00/14:00〜18:40 ※最終受付18:00

土曜 9:40〜13:00/14:00〜17:40 ※最終受付17:00

MENU

インプラント

抜歯が必要になってしまったらよく考えて治療方法を
選択していただきたい

インプラントについて説明を受ける

歯を失った時の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。それぞれに、メリット・デメリットがあるため、メリットだけでなく、デメリットも考慮して治療法を選択することが大切です。

インプラント治療とは、新しい治療法と認識している方も多いのですが、実は古い歴史を持つ治療法です。当院では、お口の機能回復はもちろん、口元の美しさや将来のお口の健康を考慮して、患者様にご納得いただける治療をご提案いたします。

日本口腔インプラント学会
専門医・JSOI専修医が治療を担当します

当院には、公益社団法人日本口腔インプラント学会の専門医・指導医である理事長、同学会JSOI専修医が在籍しています。世界基準のインプラント治療を多くの患者様にご提供するために、診療環境や治療体制の整備に努め、チーム一丸となって質の高いインプラント治療に取り組んでいます。

環境
体制
環境・体制
専門性
権威
専門性・権威
機器 機器
環境 環境

インプラントとは

  • インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を植立し、新たな歯を作る治療法です。残っている健康な歯を削ったり、他の歯に負担をかけたりすることなく、独立した歯を作るため、残っている歯を守れる治療法とも言えます。
    将来に多くの歯を残していきたいという方に、インプラント治療をお勧めしています。

  • インプラント
  • インプラントの材質「チタン」について

    厳密には、インプラントとは体内に埋め込まれる器具の総称であり、整形外科での骨折治療に使用されるボルトもインプラントと呼ばれます。
    歯科だけでなく、医科においてもインプラントの素材はチタン(またはチタン合金)です。チタンは、骨と結合する特徴を持ち、拒否反応が起こりにくいという特徴があります。インプラントが強固に骨と結合することで、抜け落ちたりすることなく、咀嚼機能を回復できるのです。

  • インプラントはこのような方に
    おすすめしています。
    • 健康な歯を削りたくない
    • 将来に1本でも多く歯を残したい
    • 入れ歯になりたくない
    • 口元の美しさも重視したい

merit インプラントのメリット

健康な歯を削ったり負担をかけたりしない

独立した歯を作るため、健康な歯を削ったり、バネを引っかけて負担をかけたりすることはありません。ブリッジや入れ歯は、他の歯に負担をかけて寿命を縮めることから、「残っている歯を守る」という点はインプラントにしかないメリットだと言えるでしょう。

審美性の高い歯を入れることも可能

保険の部分入れ歯は金属のバネが目立ちますし、ブリッジでは(治療部位によって)銀歯しか選択できない場合もあります。
インプラントは、審美性の高い素材を使用でき、自然な仕上がりを実現可能です。当院は、精密性の高い治療により、より美しい仕上がりを目指しています。

歯の模型

自分の歯と同じ感覚で噛める

入れ歯に比べて咀嚼能力が高く、外れたり、隙間に食べ物が挟まって痛みが生じたりすることもありません。正しく治療が行われていれば、かたいものでも食べられますし、天然歯と同等の咀嚼能力まで回復できるでしょう。

顎の骨が痩せるのを防ぐ

歯を失うと、咀嚼の刺激が顎に伝わらなくなるため、顎の骨が少しずつ痩せてしまいます。インプラントは、入れ歯やブリッジとは違い、歯だけでなく歯根も取り戻せるため、顎の骨が痩せる(吸収する)のを防ぐことが可能です。顎の骨が痩せると、しわやたるみの原因になるなど、口元の美しさに影響します。

歯の模型

demerit インプラントのデメリット

インプラントはメリットの多い治療法ですが、デメリットもあります。当院は、デメリットも丁寧に説明し、納得したうえで治療を受けていただきます。ご不明点はお気軽にご相談ください。

保険が適用とならない自由診療です

インプラントは保険が適用にならないため、費用が高額になりやすいです。当院は、デンタルローンを導入し、24回まで金利手数料を無料にするなど、患者様に納得のいく治療選択を行っていただけるよう費用面でのサポートも導入しています。

外科手術が必要です

ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工の歯根を埋入するための手術が必要になります。麻酔を使用するので、痛みは軽減されますが、身体の負担は他の治療に比べて大きくなります。

メンテナンスが必要

治療後は、定期的に受診いただき、メンテナンスを行うことが必要です。インプラントは細菌に感染する可能性があるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。
定期的なメンテナンスでインプラントだけでなく、お口全体の健康を守っていきます。

インプラント治療中の様子

インプラントのリスク

どのような手術にもリスクはあり、インプラントも同様です。当院でも、インプラントの不具合に関するご相談を受けますが、再治療の対応は難易度が高く、患者様の身体的・費用的負担が大きくなります。当院では、一度の治療で笑顔になっていただけるよう、医師4名を含む13名体制で徹底したリスクマネジメントに取り組んでいます。全スタッフが技術・知識の研鑽に励み、よりリスクを低減して治療を受けていただけるように努めています。

  • 顎の骨の状態によっては、骨を増やす治療が必要になります。
  • 術後に痛みや腫れが生じる場合があります。痛み止めを服用し、患部を冷やしてください。
  • 上顎の治療の場合、鼻血が出やすくなる場合があります。
  • 術後の過ごし方によって、細菌に感染する場合があります。
    (生活指導やブラッシング指導を行います)
  • 術後、傷口に触れたり負担をかけたりすると、傷の治りが悪くなる場合があります。
  • 術後、頬や顎に内出血斑(あざ)ができる場合があります。(自然に消えます)
  • リスクファクターとなり得る全身疾患もあるため、持病をお持ちの方は事前に申告いただきます。

インプラント治療の流れ

当院は、インプラント治療に限らずカウンセリングを重視し、患者様に納得して治療法を選択していただけるように努めています。治療の進め方についても、患者様と相談しながら決めていきます。

  • 検査

    患者様のお口の中の状態を把握するために、パノラマレントゲン・CTスキャン・口腔内写真などを撮影します。取得したデータを元にデジタルシュミレーションを行ったうえで、診断し治療計画を立案します。

    歯科用CT
  • カウンセリング

    お口のお悩みや治療に対するご希望などをじっくり伺っていきます。インプラントに限らず、可能な治療法や各治療費用について説明を行い、相談しながら治療について決めていきます。

    カウンセリングを行っている女性歯科医師
  • 初期治療

    歯周病や虫歯がある場合には、インプラント治療を始める前に病気の治療が必要になります。特に、歯周病はインプラントの大敵とも言えますので、しっかり治療を行っておく必要があります。

    インプラント手術前に歯科治療を行っている女性歯科医師
  • 1次手術

    顎の骨に穴を開け、インプラントを埋入する手術を行います。当院では、専用の治療機器を備え、衛生的な手術室を完備し、より良い環境で治療を受けていただけるように努めています。

    インプラントの1次手術
  • 安静期間

    埋入したインプラントが、骨と結合するまで待ちます。前歯など審美性が求められる部位は、歯がないと困りますので仮歯を付けて過ごしていただくことも可能です。また、傷口の消毒などで定期的に受診していただきます。

    歯科診察室
  • 2次手術

    歯肉を切開して埋入したインプラントを露出させ、アバットメント・仮歯を装着します。その後、歯肉の状態などを確認したうえで、最終的な人工歯(本歯)を装着します。

    インプラント2次手術
  • メンテナンス

    インプラントを長期的に機能させ、お口の健康を守っていくためには、メンテナンスが必要です。トラブルがないかチェックするのはもちろん、噛み合わせの状態、衛生管理状態などもチェックし、ブラッシング指導によりセルフケアの質を向上させるサポートも行っていきます。

    インプラントの模型を手に説明をしてる女性歯科医師
インプラント

インプラントを
長持ちさせるために

インプラント自体は腐食しにくく、虫歯になることもありません。しかし、インプラントは細菌に感染することがあり、天然歯の歯周病のようにインプラントを支える歯周組織が壊されてしまう場合があります。インプラントの歯周病を「インプラント周囲炎」と言います。

インプラントがダメになってしまう原因はさまざまですが、インプラント周囲炎は寿命を縮める大きな原因の一つです。インプラントは一度細菌に感染すると、進行しやすく重症化しやすい特徴があるため、発症させないことはもちろん、早期発見・早期治療が大変重要になります。

メンテナンスの重要性

メンテナンス中の歯科医師

歯周病予防と同様に、インプラント周囲炎は予防が可能です。しかし、セルフケアだけでは効果的に細菌感染を予防できないため、インプラントの寿命を延ばし、お口の健康を守っていくために、治療後はメンテナンスにお越しいただきます。

「インプラントの寿命はどのくらいですか?」といった質問を受けることが多いですが、インプラントの寿命はメンテナンス次第と言えます。当院は、治療後は適切なメンテナンスにより、インプラントを長期的に機能させるサポートをしていきます。患者様に長くお付き合いいただけるよう、コミュニケーションを大切に、患者様に寄り添った治療提供に努めてまいります。

MMデンタルクリニックのメンテナンス

当院は、インプラントが長持ちするように、そして、万が一異変があった場合にも、いち早く気付いて早急に対処できるように、次のような取り組みを行っています。

  • 担当歯科衛生士が徹底した管理を行います
  • 定期的メンテナンスでは、約1時間かけて検査とクリーニングを徹底して行います
  • 細菌感染予防から早期治療まで、全てに対応しています
  • 専用機器を使用して、インプラントを傷つけることなく徹底的に汚れを除去します
  • 患者様に長くお付き合いいただけるよう、コミュニケーションを大切にしています
勝山裕子院長

術後メンテナンスはどのようなことをする?

セルフケアだけでは効果的に細菌感染を予防できません。インプラントの寿命を延ばし、お口の健康を守っていくためには定期的なプロフェッショナルメンテナンスが欠かせないのです。
当院では、通常3ヶ月に1度の頻度でメンテンナンスにお越しいただきますが、お口の状態やリスクファクターに応じて、患者様に合った頻度でメンテナンスをご提供します。

患者様に応じたオーダーメイドのメンテナンスによりトラブルを防ぎ、インプラントを長くお使いいただきたいと願っています。

インプラント治療をご希望の方へ

納得の治療選択を行っていただけるよう、デンタルローンをご利用の場合に、24回まで分割手数料を当院が負担しています。
「他の歯や顎の骨を守る」という点は、インプラント治療の大きなメリットであり、将来のお口の健康につながると考えています。当院は、将来を見据えた治療選択を行っていただけるようサポートしてまいります。

インプラント費用・お支払いについては、こちらで詳しくご確認ください。

 診療メニュー