診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

インプラント

抜歯が必要になってしまったらよく考えて治療方法を
選択していただきたい

インプラントについて説明を受ける

歯を失った時の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。それぞれに、メリット・デメリットがあるため、メリットだけでなく、デメリットも考慮して治療法を選択することが大切です。

インプラント治療とは、新しい治療法と認識している方も多いのですが、実は古い歴史を持つ治療法です。当院では、お口の機能回復はもちろん、口元の美しさや将来のお口の健康を考慮して、患者様にご納得いただける治療をご提案いたします。将来、患者様が治療法の選択に後悔することなく、お口の健康を維持していただきたいと願っています。

インプラントとは

  • インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を植立し、新たな歯を作る治療法です。残っている健康な歯を削ったり、他の歯に負担をかけたりすることなく、独立した歯を作るため、残っている歯を守れる治療法とも言えます。
    将来に多くの歯を残していきたいという方に、インプラント治療をお勧めしています。

  • インプラント
  • インプラントの材質「チタン」について

    厳密には、インプラントとは体内に埋め込まれる器具の総称であり、整形外科での骨折治療に使用されるボルトもインプラントと呼ばれます。
    歯科だけでなく、医科においてもインプラントの素材はチタン(またはチタン合金)です。チタンは、骨と結合する特徴を持ち、拒否反応が起こりにくいという特徴があります。インプラントが強固に骨と結合することで、抜け落ちたりすることなく、咀嚼機能を回復できるのです。

  • インプラントはこのような方に
    おすすめしています。
    • 健康な歯を削りたくない
    • 将来に1本でも多く歯を残したい
    • 入れ歯になりたくない
    • 口元の美しさも重視したい

インプラントのメリット・デメリット

インプラントは、メリットの多い治療法ではありますが、デメリットもあります。デメリットも把握し、ブリッジや入れ歯と比較して、ご自身に合った治療法を選択することが大切でしょう。

歯の模型

メリット

    • ブリッジのように健康な歯を削らない

      独立した歯を作るため、健康な歯を削ったり、負担をかけたりすることはありません。また、部分入れ歯の場合には、バネをかける歯に負担をかけてしまいます。

    • 見た目の美しい歯を入れることも可能

      部分入れ歯では金属のバネが目立ってしまいますし、保険のブリッジでは(治療部位によって)銀歯しか選択できない場合もあります。

    • 自分の歯と同じ感覚で噛める

      独立した歯であり、固定式なので、入れ歯のように装着した時の違和感が生じることはありません。総入れ歯の場合は、味覚や咀嚼機能に影響しやすいですが、そのようなこともありません。

  • 歯の模型
インプラント治療中の様子

デメリット

  • インプラント治療中の様子
    • 保険が適用にならない

      インプラントは保険が適用とならない自由診療です。そのため、保険治療に比べると費用は高額になります。デンタルローンの利用など、一度の負担を軽減することは可能ですが、費用面も事前に確認しておくことが大切になります。

    • 手術が必要になる

      ブリッジや入れ歯と違い、インプラントは人工の歯根を埋入するための手術が必要になります。麻酔を使用するので、痛みは軽減されますが、身体の負担は他の治療に比べて大きくなります。

    • メンテナンスが必要

      治療後は、定期的に受診いただき、メンテナンスを行うことが必要です。インプラントは細菌に感染する可能性があるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。
      定期的なメンテナンスでインプラントだけでなく、お口全体の健康を守っていきます。

インプラント治療の流れ

当院は、インプラント治療に限らずカウンセリングを重視し、患者様に納得して治療法を選択していただけるように努めています。治療の進め方についても、患者様と相談しながら決めていきます。

  • 検査

    患者様のお口の中の状態を把握するために、パノラマレントゲン・CTスキャン・口腔内写真などを撮影します。十分なデータを取らなければ、より良い治療提供につながらないと考えています。

    歯科用CT
  • カウンセリング

    お口のお悩みや治療に対するご希望などをじっくり伺っていきます。インプラントに限らず、可能な治療法、それぞれの治療費用について説明を行い、相談しながら治療について決めていきます。

    カウンセリングを行っている女性歯科医師
  • 初期治療

    歯周病や虫歯がある場合には、インプラント治療を始める前に病気の治療が必要になります。特に、歯周病はインプラントの大敵とも言えますので、しっかり治療を行っておく必要があります。

    インプラント手術前に歯科治療を行っている女性歯科医師
  • 1次手術

    顎の骨に穴を開け、インプラントを埋入する手術を行います。当院では、専用機器を備え、衛生的な手術室を完備し、より良い環境で治療を受けていただけるように努めています。

    インプラントの1次手術
  • 安静期間

    埋入したインプラントが、骨と結合するまで待ちます。前歯など審美性が求められる部位は、歯がないと困りますので仮歯を付けて過ごしていただくことも可能です。また、傷口の消毒などで定期的に受診していただきます。

    歯科診察室
  • 2次手術

    埋入したインプラントに、アバットメントを取り付け、人工歯(仮歯)を装着します。その後、歯肉の状態などを確認したうえで、最終的な人工歯(本歯)を装着します。

    インプラント2次手術
  • メンテナンス

    インプラントを長期的に機能させ、お口の健康を守っていくためには、メンテナンスが必要です。トラブルがないかチェックするのはもちろん、噛み合わせの状態、衛生管理状態などもチェックし、セルフケアの指導なども行っていきます。

    インプラントの模型を手に説明をしてる女性歯科医師

 診療科目