診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

根管治療

抜歯を回避し、歯を残すため
土台となる根の治療が重要です

根管治療とは、歯の根の治療のことです。虫歯が進行して、歯髄(神経)にまで達している場合に必要となります。神経を取った歯は、神経がある歯に比べるともろくなるのは事実ですが、適切な根管治療を行うことによって歯を長持ちさせることも可能です。

根管治療とは

根管治療イメージ

虫歯が進行して歯髄(神経)にまで感染が広がると、神経が死んで、その後腐っていきます。さらに放置すると、炎症は根管内に留まらず、根の先にまで広がっていきます。
そのため、感染による影響が広がらないように、感染した神経を除去(抜髄)する必要が出てきます。根管治療とは、根の中にある神経を除去し、再度細菌が侵入して感染しないようにするために行う、根の処理のことを言います。
根管治療は、次のような流れで行いますが、治療にかかる期間・回数は症例によって異なります。短い場合には、2~3回の治療で完了する場合もありますし、1ヵ月以上かかる場合もあります。


根管治療が必要になる歯

  • 神経にまで感染している深い虫歯
  • 過去に根管治療を行ったが、再度感染した歯
  • 外傷などにより歯の神経が死んでしまった歯

根管治療の流れ

  • 虫歯が進行
    • 虫歯が進行し、歯髄も感染している状態です。
  • 感染した歯髄や神経
    • 感染した歯髄や神経などを取り除きます。
  • 菌がなくなるまで消毒
    • 薬を入れ、菌がなくなるまで消毒を行います。
  • 根の部分に充填剤を入れ人工歯を装着
    • 根の部分に充填剤を入れ、土台を立てて人工歯を装着します。

当院の根管治療
(マイクロエンド)

治療中の歯科医

根管は直径1mm以下しかなく、とても細いです。また、歯の根の形状・数は人によって異なります。そのため、根管治療は大変繊細な治療となります。そのため、根管の中まで目視では確認できず、医師の勘や感覚で治療が行われているのも事実です。 また、お口の中はたくさんの細菌が存在しているため、根管内に細菌が侵入することがないよう、無菌的な状態を作ることも求められます。根管治療によって、さらなる細菌感染を招きかねないためです。 当院でご提供している根管治療は、「マイクロエンド(精密根管治療)」という顕微鏡(マイクロスコープ)を使った、精密度の高い根管治療です。マイクロスコープのほか、歯科用CTをはじめとする機器を駆使し、勘や感覚に頼らない、根拠に基づく根管治療をご提供しています。

マイクロスコープ

マイクロスコープ

肉眼の数十倍の視野が得られ、肉眼では困難だった治療を可能にします。根管治療だけでなく、さまざまな歯科診療に用いられます。

歯科用CT

歯科用CT

撮影したデータを3次元化でき、多くの情報が得られます。歯根やお口の中の状態を細部まで立体的に把握できるため、治療の精密度を向上できます。

ラバーダム

ラバーダム

ゴム製のシートで歯のみを露出し、唾液や血液が患部に入らないようにして、細菌感染を防ぎます。

マイクロエンドに関する
よくある質問

保険の根管治療と何が違いますか?

マイクロエンドは、マイクロスコープなどの機器を使用するため、保険の根管治療よりも精密度の高い治療ができます。また、患者様の状態に合った薬剤を選択できます。保険診療では、根管治療にマイクロスコープを使用できないうえ、使用できる薬剤や器具も限られています。マイクロエンドは、自由診療となるため費用が高くなってしまいますが、保険治療よりも虫歯の再発リスクが低く、歯の寿命を延ばすことが可能だと言えます。

治療の痛みが心配です…

当院は、根管治療に限らず、痛みに配慮した治療をご提供しています。必要に応じて麻酔を使用しますので、治療による痛みの心配はありません。

深い虫歯でも神経を残せることはありますか?

神経を取ることには、やはりデメリットがあります。本来、深い虫歯では神経を取る必要がありますが、当院では、なるべく神経を残せるように努めています。MTAセメントという抗菌作用が高い素材で神経を保護することによって、神経を残せる可能性が高くなります。神経を取ったり、歯を抜いたりすることは、なるべく回避し、歯も神経も守りたいと考えています。

 診療科目