診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

解剖学的根拠に基づいた噛み合わせ治療

解剖学的根拠に
基づいた咬合調整

噛み合わせが悪いと、食べ物が上手く咀嚼できなかったり顎関節症になりやすかったりします。しかし、不正咬合は歯や顎だけでなく、咀嚼に関わる組織などにも影響を与えます。

噛み合わせのズレに自分で気付くことは難しいですが、噛み合わせによる影響は多岐に渡るため、定期的にチェックを受けることをおすすめします。

ドーソン咬合論に基づいた
治療を行います

咬合調整は、噛み合わせ治療だけでなく、虫歯の治療やインプラント治療など多くの歯科治療で必要となり、歯科治療が噛み合わせのズレを招くものであってはなりません。
そのため、当院はドーソン咬合論に基づいた咬合調整を行っています。噛み合わせの調整は、単に歯と歯の接触だけをみるのではなく、咀嚼に関わる筋肉などのバランスも考慮して行う必要があり、勘や経験だけに頼ったものではならないと考えているからです。

下顎骨格モデルのイラスト
下顎に生えてる歯のCG

ドーソン咬合論とは

下顎に生えてる歯のCG

ドーソン咬合理論とは、『オクルージョンの臨床』を執筆したピーター・E・ドーソン先生が提唱している咬合理論です。口腔を身体の一つの器官ととらえ、顎関節の“中心位”を基準とし、組織の調和がとれた噛み合わせが、健康において大切だという考え方です。
当院は、このドーソン咬合理論を習得し実践しています。

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くても、なかなか自分で気付けません。噛み合わせのわずかなズレが、時間が経つにつれて少しずつ大きくなり、何らかの症状を招く場合もあるでしょう。 噛み合わせが悪くなってしまう主な原因には、次のようなものがあります。

  • くいしばり
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり・爪噛み
  • 頬杖
  • 片側で噛む
  • 歯が抜けたまま
  • 治療中の歯を放置
  • 誤った咬合調整
  • くいしばり
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり・爪噛み
  • 頬杖
  • 片側で噛む
  • 歯が抜けたまま
  • 治療中の歯を放置
  • 誤った咬合調整

悪い噛み合わせが招く
トラブル・症状

噛み合わせのズレが、顎関節や咀嚼に関わる筋肉などに影響し、さらにその影響は全身に及ぶ可能性があります。そのため、悪い噛み合わせによって引き起こされる症状は、多岐に渡るとされ、顎関節症・頭痛・肩こりなどの症状と深く関係していると考えられています。

不定愁訴にお悩みの方へ

何らかの症状がありながら、検査を行っても原因が見つからない状態を「不定愁訴」と呼びますが、何らか不定愁訴があっても、「噛み合わせが原因ではないか」と疑う人は少ないかもしれません。

噛み合わせが気になる方はもちろん、原因がわからない何らかの症状にお悩みの方、正しい噛み合わせを維持したい方、一度噛み合わせをチェックしていただきたいと思います。
当院は、ドーソンテクニックを用いて適切な噛み合わせ・顎の位置を採取し、調整を行います。どうぞお気軽にご相談ください。

 診療メニュー