診療時間:平日10:00〜13:00/14:00〜19:00
土曜日 10:00~13:00/14:00~18:00 休診日:日曜・祝日

MENU

解剖学的根拠に基づいた噛み合わせ治療

解剖学的根拠に
基づいた咬合調整

噛み合わせが悪いと、食べ物が上手く咀嚼できなかったり顎関節症になりやすかったりします。しかし、不正咬合は歯や顎だけでなく、顔や体全体に悪影響を与えます。

例えば、顔の歪みや頭痛、肩こりなどが起こる原因であることもありますので、正しい咬合治療を行わなくてはいけません。

ドーソン咬合論に基づいた
治療を行います

噛み合わせの調整は、全身のバランスにも影響するため大切です。しかし、現在でも患者様の感覚や医師の勘・経験で咬合調整を行っている医院も少なくないでしょう。当院では、感覚や勘、経験に頼ったあいまいな治療ではなく、ドーソン咬合論に基づいた咬合治療を行っております。

歯と歯の接触を見るだけが噛み合わせ治療ではなく、顎や筋肉の動きなども考慮した解剖学を踏まえた治療を施すのが、正しい咬合調整には必要だと考えております。

下顎骨格モデルのイラスト
下顎に生えてる歯のCG

ドーソン咬合論とは

下顎に生えてる歯のCG

当院が咬合治療の際に基礎としているドーソン咬合論は、『オクルージョンの臨床』を執筆しましたピーター・E・ドーソン先生が提唱している咬合論です。理想的な診断や治療を行えるように、噛み合わせの基準を知ることが重要です。

当院では、噛み合わせ治療・矯正治療だけでなく、虫歯やインプラント治療など、他の診療においてもドーソン咬合論に基づいた咬合調整を行っております。噛み合わせのズレは、さまざまなトラブルを招く可能性があるからです。

噛み合わせが悪くなる原因

噛み合わせが悪くても、なかなか自分で気付けません。噛み合わせのわずかなズレが、時間が経つにつれて少しずつ大きくなっていく場合もあり、症状が出てから気付く人も少なくないでしょう。
噛み合わせが悪くなってしまう主な原因には、次のようなものがあります。

  • くいしばり
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり・爪噛み
  • 頬杖
  • 片側で噛む
  • 歯が抜けたまま
  • 治療中の歯を放置
  • 誤った咬合調整
  • くいしばり
  • 口呼吸
  • 指しゃぶり・爪噛み
  • 頬杖
  • 片側で噛む
  • 歯が抜けたまま
  • 治療中の歯を放置
  • 誤った咬合調整

悪い噛み合わせが招く
トラブル・症状

噛み合わせのズレが、顎関節や咀嚼に関わる筋肉などに影響し、さらにその影響は全身に及んでいきます。全身のバランスを乱れると、引き起こされる症状は多岐に渡ります。また、噛み合わせが悪いと、一定の歯に負担をかけ、お口のトラブルを招く要因にもなります。
次のような症状は、噛み合わせと深く関係しているとされています。

  • 歯のすり減り
  • 歯の破折
  • 歯並びの乱れ
  • 顎関節症
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 歯ぎしり
  • 自律神経の乱れ
  • 歯のすり減り
  • 歯の破折
  • 歯並びの乱れ
  • 顎関節症
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 歯ぎしり
  • 自律神経の乱れ

不定愁訴にお悩みの方へ

何らかの症状がありながら、検査を行っても原因が見つからない状態を「不定愁訴」と呼びますが、何らか不定愁訴があっても、「噛み合わせが原因ではないか」と疑う人は少ないかもしれません。

噛み合わせのズレは、ご自身で気付くことは難しいでしょう。噛み合わせが気になる方はもちろん、原因がわからない何らかの症状にお悩みの方、噛み合わせの乱れを防いで悪影響が生じるのを防ぎたい方、ぜひ一度噛み合わせのチェックを受けてみてください。
当院は、咬合診断器等を使用し、根拠に基づく噛み合わせ診断を行い、ドーソンテクニックを用いて咬合調整を行います。どうぞお気軽にご相談ください。

 診療科目